Hatena::Grouplinguistics

dlit@linguistics このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-02-17

【メモ】Cycle (head) & Allomorphy in Distributed Morphology

14:05 | 【メモ】Cycle (head) & Allomorphy in Distributed Morphology - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 【メモ】Cycle (head) & Allomorphy in Distributed Morphology - dlit@linguistics 【メモ】Cycle (head) & Allomorphy in Distributed Morphology - dlit@linguistics のブックマークコメント

 cycle-sensitive allomorphyってのは最近のDM(の一部)でアツい話題だと思う。すごく雑にまとめると「ある種の形態の現れ(allomorphyとかsuppletionとか)が統語環境に左右されている(ような)現象をphaseとかのlocalityを使って分析してみよう」って感じかなあ。勉強中に考えたことを少しメモ。

誰がやってるか

 僕が個人的に好きなのはDavid Embickの研究で2000年代前半から色々面白い事をやっていると思う。エッセンス(とDMのイントロ)をざっと知りたいならEmbick and Marantz (2008)、何が問題なのかとかモデル全体についての詳細とかが知りたいならEmbick (2010)がおすすめ。あとそれとは別にJonathan David Bobaljikの研究も面白い展開を見せていると感じる。たぶんこっちはBobaljik (2000)辺りの研究からはっきりした形を取り始めていて、まとまったものが読みたいならBobaljik (2012)が良いかな。あとBobaljik and Wurmbrand (2013)でその分析の概観が読める。

残された問題

 さて、内容は一切説明せずにちょっと問題だなーと思ってるところだけ。

 Arad (2003)辺りで提唱されていた、(どの)phaseの内外に素性とかRootがあるかっていう観点だけではとてもallomorphy全体を取り扱うことができないってんでEmbick (2010)ではC1-LIN theory、Bobaljik (2012)ではDomain Suspensionを使った分析が提唱される。phaseとかの各cycleでVocabulary Insertion (VI)とかLinearizationがどういうタイミングでどのheadにどんな順番で適用されるか(適用されて良いか)を詳細にしていこうという方向性は一緒なんだと思う。おかげでEmbick (2010)の方ではEmbick and Noyer (2001)の段階ではよくわからなかったVIとLinearizationの関係がかなり明確にされている。

 で、やっぱりここで問題になってくるのは、cycleの実質的な単位としてphaseを使うわけだけど、どれがcycle (phase) headなのか、ってことに具体的に突っ込んでいく必要がまだまだあるだろうということ。category-defining headとかlittle v辺りはまあphase headで良いとして(これもたぶん実は一部問題)、細かい分析をする時にAspとかVoice辺りをどうするのか。もちろんEmbickもBobaljikもその辺りに言及はしていて、Bobaljik and Wurmbrand (2013)で提唱されているdynamicなphaseの取り扱いを採用するアプローチでは結構踏み込んでいるところもあると思うのだけれど、こちらもどのheadがphaseをclose offするのかってことを決めないとなーって気がする。

 まあ「これとこれをphase headってことにすると形態の分析はこういうふうにうまくいきますよ」ってサイドからの分析を出して、syntaxの方でそれとは独立した証拠を探すって方向性も面白いと思うので、今後その辺りの研究が増えると良いなあ。まあそんな簡単にリンクしてたら苦労しないんだよ!という声があちこちから聞こえてきそうではある。

 あと、featureとlabelling、他にcartographyも関係してくる話なのかもしれないけどこちらもまだまだ勉強中…

 個人的にはこの辺りから日本語の述語の膠着性(の一部の性質)を捉えられないかとか夢想してるんですけど、道は遠そうです。

参考エントリ

References

  • Arad, Maya (2003) Locality constraints on the interpretation of roots: The case of Hebrew denominal verbs. Natural Language and Linguistic Theory 21, 737–778.
  • Bobaljik, Jonathan (2000) “The Ins and Outs of Contextual Allomorphy,” in University of Maryland Working Papers in Linguistics 10, 35–71.
  • Bobaljik, Jonathan (2012) Universals in Comparative Morphology: Suppletion, superlatives, and the structure of words. MIT Press.
  • Bobaljik, Jonathan and Susi Wurmbrand (2013) “Suspension across domains,” In Ora Matushansky and Alec Marantz, eds. Distributed Morphology Today: Morphemes for Morris Halle. 185-197. The MIT Press.
  • Embick, David (2010) Localism versus Globalism in Morphology and Phonology. The MIT Press.
  • Embick, David, and Alec Marantz (2008) “Architecture and Blocking,” Linguistic Inquiry 39:1, 1–53.
  • Embick, David, and Rolf Noyer (2001) “Movement Operations after Syntax,” Linguistic Inquiry 32:4, 555–595.
トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/dlit/20140217

2013-12-20

【メモ】面白い/かっこいい/ひねった/変な(論文・本の)タイトルリスト

18:21 | 【メモ】面白い/かっこいい/ひねった/変な(論文・本の)タイトルリスト - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 【メモ】面白い/かっこいい/ひねった/変な(論文・本の)タイトルリスト - dlit@linguistics 【メモ】面白い/かっこいい/ひねった/変な(論文・本の)タイトルリスト - dlit@linguistics のブックマークコメント

 以前、こんなエントリを書いていたのですが

理由付きにするとどうも更新が進まないので、リストだけの形でこっちに移しておきます(追加順)。気まぐれ更新。

  1. Kuroda, S.-Y. (1988) Whether we agree or not: A comparative syntax of English and Japanese. in Papers form the Second International Workshop on Japanese Syntax.
  2. Harley, Heidi (1996) If you have, you can give. in the proceedings of WCCFL 15.
  3. Marantz, Alec (1997) No escape from syntax: don't try a morphological analysis in the privacy of your own lexicon. in UPenn Working paper in Linguistics. 4:2.
  4. Fillmore, Charles (1968) The case for case. in Universals in linguistic theory.
  5. Marantz, Alec (1994) A late note on late insertion. in Explorations in generative grammar.
  6. Kitagawa, Yoshihisa (1994) Shells, Yolks, and Scrambled Egs. in the proceedings of NELS 24.
  7. Lieber, Rochelle (2006) The category of roots and the roots of categories: what we learn from selection in derivation. in Morphology 16(2): 247-272.
  8. Harbour, Daniel & David Adger (2008) Why Phi?. in Phi-Theory: Phi-Features across Modules and Interfaces, David Adger & Daniel Harbour(eds.), Oxford University Press.
  9. 三原健一 (2002)「自分のことが本当に分かっているの?」『日本語・日本文化研究』12: 33-40, 大阪外国語大学日本語講座.
  10. Kratzer, Angelika (1977) What ‘must' and ‘can' must and can mean. In Linguistics and Philosophy 1(3): 337-355.
トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/dlit/20131220

2011-06-11

第4回 言語学×自然言語処理合同勉強会 開催のお知らせ

16:18 | 第4回 言語学×自然言語処理合同勉強会 開催のお知らせ - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 第4回 言語学×自然言語処理合同勉強会 開催のお知らせ - dlit@linguistics 第4回 言語学×自然言語処理合同勉強会 開催のお知らせ - dlit@linguistics のブックマークコメント

 第4回 言語学×自然言語処理合同勉強会(=第18回東大東工大合同勉強会(T2 meeting))の詳細をお知らせいたします。言語学会@日本大学の直前の金曜日ということで特に言語学関係の方々には参加しやすくなったのでは、と期待しています。前回までと会場が異なりますのでご注意ください。

  • 日時:6/17(金)17:00~20:00(日本言語学会日本言語学会 - 日本言語学会第154回大会)の前日)
  • 場所:国立情報学研究所(アクセス - 国立情報学研究所/National Institute of Informatics) 1208会議室
  • 発表1:阿部二郎(北海道教育大学
    • タイトル:いわゆる「例外的格付与構文/主語から目的語への繰り上げ構文」の構造と意味
    • 概要:「山田は田中がバカだと思っている。」は「と」を介して文の中に文を再帰的に埋め込んだ構造(補文構造)をなしている。これとよく似た「山田は田中をバカだと思っている。」という文があるが、その構造は一体どうなっているのだろうか。「田中をバカだ。」という文は存在しないから、単純な補文構造とは言えない。仮に、「バカだ(と)」の部分だけが補文なのだとしてもでは「田中を」はいったいどこから来ているのか。また、この種の文は、このような統語論的パズルを提示するだけでなく意味論的にも興味深い言語現象をもたらす。このタイプの文について、研究史を概観しつつ、その構造・意味の分析に新たな提案をする。
  • 発表2:横野光(東京工業大学
    • タイトル:名詞が核となる表現の意味解析に必要な言語資源
    • 概要:意味解析において名詞に求められる情報には,その名詞がどのようなカテゴリに属しているのかといったものや,取り得る属性とその属性値といったものがあり,例えば,前者については日本語語彙大系といった既存の言語資源が存在する.本発表では,特に名詞が核となるような表現の意味解析において,必要な情報について考察を行う.また,それらは既存の言語資源で対応できるか,新たな言語資源の構築を考えた時にどのような要件を満たすべきかなどについて議論する.

 阿部氏の発表は、言語学会の公開シンポジウム「言語におけるデキゴトの世界とモノの世界」のStephen Wright Horn氏(Oxford大学)のtalk、「日本語のいわゆる〈主語から目的語への繰り上げ構文〉」についての良いイントロにもなると思います。

 関連するツイッターアカウントの情報などは、以下のページをご参照ください。

トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/dlit/20110611

2011-02-28

起点を表す(ように見える)「に」に関する先行研究

14:05 | 起点を表す(ように見える)「に」に関する先行研究 - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 起点を表す(ように見える)「に」に関する先行研究 - dlit@linguistics 起点を表す(ように見える)「に」に関する先行研究 - dlit@linguistics のブックマークコメント

 「太郎 に/から 本を借りた」みたいなやつ。

 卒論でやったので先行研究のみ挙げておく。ちなみに、僕が卒論でこの現象にある程度以上言及している先行研究として挙げたもので再検討はしてないので、見落としとかその後出た研究とか、他にもあるのではないかと思う。あと、書式も特に揃えていない。

  • 池上嘉彦 1981『〈する〉と〈なる〉の言語学大修館書店.
  • 島正博 1997「授受動詞文の多層的分析」『成蹊大学文学部紀要』32 成蹊大学文学部 pp.63-94.
  • 松本曜 2000a「『教える/教わる』などの他動詞/二重他動詞ペアの意味的性質」山田進・菊地康人・籾山洋介編『日本語 意味と文法の風景:国広哲弥教授古希記念論文集』pp.79-95 ひつじ書房.
  • 松本曜 2000b「日本語における他動詞/二重他動詞ペアと日英語の使役交替」丸田忠雄・須賀一好編『日英語の自他の交替』 pp.167-207 ひつじ書房.
  • 柴谷方良 1978『日本語の分析』大修館書店.
  • 菅井三実 2000「格助詞「に」の意味特性に関する覚書」『兵庫教育大学研究紀要』第20巻 分冊2 pp.13-23.
  • 菅井三実 2001「現代日本語の「ニ格」に関する補考」『兵庫教育大学研究紀要』第21巻 分冊2 pp.13-23
  • 杉本 武 1986「格助詞―「が」「を」「に」と文法関係―」奥津敬一郎・沼田善子・杉本武『いわゆる日本語助詞の研究』凡人社.
  • 杉本武 1991「ニ格をとる自動詞―準他動詞と受動詞―」仁田義雄編『日本語のヴォイスと他動性』pp.233-250 くろしお出版.
  • 和気愛仁 1996「『に』の機能」『筑波日本語研究』創刊号 pp.59-72 筑波大学 文芸・言語研究科 日本語学研究室.
  • 和気愛仁 2000「ニ格名詞句の意味解釈を支える構造的原理」国立国語研究所『日本語科学』第7号 pp.70-93.

 うち、柴谷1978、杉本1991、井島1997はこのニ句を「動作主」であるとしている。菅井2000は動作主説は取らず起点の「に」が可能になるのは着点側(ガ格)からの「働きかけ」が重要な要因であるとしている。現象の指摘・記述だけでなくある程度の分析もしているのはこの辺り。あと松本2000a, bは、「に」にはあまり焦点を当てていないが、関連する動詞の意味構造についてかなり参考になった記憶がある。詳しい事は各文献を参照。

 ちなみに僕の卒論の主張は、菅井の論では説明できない現象があって、やっぱり動作主説の方が筋が良いのではないか、というものだった。

killhiguchikillhiguchi2011/03/13 16:58ニ・カラ変換は受動文の動作主ニ格も絡む問題だと思うのですが、それについては文献は別に集められたのですか?

dlitdlit2011/03/15 03:16> killhiguchiさん

はい、そうです。
ここに挙げたのは「教わる」などに関するもので、その中でもニに着目しているものですね。
ただ、卒論では受動文の動作主のニに関してはあまり詳しく論じられなかったのを覚えています。

トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/dlit/20110228

2010-10-31

第二回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました

16:58 | 第二回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 第二回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました - dlit@linguistics 第二回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました - dlit@linguistics のブックマークコメント

 僕は全く働いてない(上に参加もしていない)のですが、id:langstatさん、id:kana0355さんの尽力により、第二回言語学×自然言語処理勉強会が開催され、だいぶ盛況だったとのことです。プログラムおよび会の様子はlangstatさんの以下の記事より読むことができます。

運営に関わった皆様、発表者の皆様、また当日参加された皆様、おつかれさまでした。

 第三回は年明けに関東で開催する予定を立てています。またここやいくつかの方法で告知しますので、よろしくお願いします<(_ _)>

トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/dlit/20101031

2010-08-20

第一回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました

03:39 | 第一回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 第一回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました - dlit@linguistics 第一回言語学×自然言語処理勉強会、終了しました - dlit@linguistics のブックマークコメント

 第一回の言語学×自然言語処理勉強会、無事終了しました。

 自然言語処理言語学の両発表がわかりやすかったこと、議論に割ける時間が多かったこと、変に固い雰囲気にならずに進行したことなどが重なって、当初の目論見通り(個人的には予想以上に)、結構突っ込んだ交流ができたのではないかと思います。ちょっと残念だったのは言語学研究者の参加者が少なかったことですが、まあ会場も満員状態でしたし、今後の努力目標にしたいと思います。懇親会も含めて色々あった議論は、楽しかったし、また刺激的でした。おそらくその中には学会などでは実現しにくいものもあるのではないかと思うので、こういう規模の企画も面白いし、重要なのではないかと。

 お話をくださった@さん、遠くから参加していただいたd:id:langstatさん、こういう難しい場でわかりやすい発表をしてくださった発表者のお二人、色々気軽な質問や議論を投げかけてくださったT2 meetingのみなさん、会場がわかりにくかったにも関わらず頑張って来てくださった@さん、ありがとうございました。

 さて、今後のお話ですが、@hikaruyさんとも継続的にできれば、という話が出ましたし、今回参加したいけど色々あって参加できなかったというような方も結構いらしたようですし、何より単発的ななんかちょっと面白かった試み、で終わってしまってはもったいないと思いますので、次を考えています。

 すでにlangstatさんからd:id:kana0355さんにお誘いがあって、承諾された?ようなので↓

次はぜひ関西で!みなさま(また)よろしくお願いします。

トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/dlit/20100820

2010-07-12

言語学×自然言語処理合同勉強会(仮)を計画しています。

15:21 | 言語学×自然言語処理合同勉強会(仮)を計画しています。 - dlit@linguistics を含むブックマーク はてなブックマーク - 言語学×自然言語処理合同勉強会(仮)を計画しています。 - dlit@linguistics 言語学×自然言語処理合同勉強会(仮)を計画しています。 - dlit@linguistics のブックマークコメント

追記(2010/08/12)

 勉強会の内容が決定いたしました。以下、いただいた案内を掲載します。

第13回 東大東工大合同勉強会(T2 meeting)

今回のT2 meetingは「NLP言語学」というテーマで,通常のNLP研究者による発表だけでなく,言語学研究者による発表を予定しています.また,言語を扱うという近い関係にあるこれら2つの分野において互いにどのような貢献が可能なのか,といったようなことから,そもそもNLP言語学って何?ということまで幅広い議論を行うセッションを計画しています.NLPの若手研究者だけでなく,言語学の若手研究者,また,これらの分野に興味がある方の参加を歓迎します.

  • 日時:2010/8/19(木) 16:00 - 20:00
  • 場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館W 6F コラボ室
  • 発表1
    • 発表者:荒牧 英治(東京大学 知の構造化センター)
    • 題目:「偏りなく誤る言語処理: 適合度による言語処理技術の検定」
    • 概要:医療分野における言語処理研究を紹介する.自然言語処理をはじめ,多くの情報処理の解析は完全でなく,誤りをおかす可能性がある.このため,技術的にはほぼ上限と考えられる精度に達しても実用化が不可能であったり,また,実用化されたとしても最終的には人手によるチェックを必要とする場合が多い.特に,いくつかの処理を組み合わせた複雑なシステムでは,高い精度を維持することは極めて難しい.そこで,本研究では,発想をかえ,個々の入力の精度をあげるのではなく,処理結果の全体の分布の正確さを目指す.本発表では,分布の正確さ(真の分布と推定された分布)の一致度を適合度(goodness of fit)を用いて評価し,これを最大化する機械学習を提案する.
  • 発表2
    • 発表者:今田 水穂(筑波大学
    • 題目:「ウナギ文の情報構造」
    • 概要:5分で分かるウナギ文研究史と、ウナギ文の機能論的分析。「僕はウナギだ」は注文のときにも注文の確認のときにも言えるのに、「僕がウナギだ」「ウナギは僕だ」「ウナギが僕だ」は確認のときにしか言えないのはなぜか。従来のウナギ文研究は統語論や意味論の観点からの分析が中心だったが機能論の観点からウナギ文を分析するという研究領域を紹介する。

概要

 @hikaruyさんと、言語学研究者自然言語処理研究者間の交流研究会/勉強会を計画しています。

 日付、場所など具体的なことはまだ決まっていませんが、決定したらまた告知していきます。あと、内容としては今のところ以下のような提案が挙がっています。

アンケート

 さてそこで、この記事では、会の内容/方向性を決めていく一つの手段として、以下のような項目に対する事前アンケートを取ってみたいと思います(回答したい方の番号とともに、コメント欄にお願いします)。

  1. 言語学/自然言語学研究者に聞いて/尋ねてみたいこと(例:言語学の目標とは何ですか。)
  2. 聞いてみたい発表の内容、あるいはタイトル(例:「言語学と関連研究分野について」)

もちろん、当日の参加が未定の方でも構いません。ただ、以下の点にご注意ください。

  • いただいた意見の全てを必ず会に反映させることはできないかもしれません。
  • あくまでもアンケートですので、コメント欄で書き込まれた疑問に対する応答や、議論をすることはお控えください。

よろしくお願いいたします。

 会の、その他のことに関する質問・意見を吸い上げることのできるエントリも作った方が良いのかもしれませんが、それはまた改めて。

追記(2010/07/18)

  • 自然言語処理研究者の方々はT2 meetingという有志による勉強会が中心になっているとのことです。
  • 日時としては八月下旬開催を目指しています。
  • 今回の開催場所は関東になります(なお関西進出の野望もあります)。

 テーマを「言語学×自然言語処理」としたり、母体となる勉強会があったりしますが、参加者を何等かの方法で制限するということは特に考えていません。

 また、上のアンケートに関することでも、それ以外のことでも、twitterで僕に向かってつぶやいていただいても大丈夫です。idは@です。

追記(2010/08/05)

 日時・開催場所が以下のようにほぼ決定いたしました。

  • 日時:8/19(木)16:00~
  • 場所:東工大大岡山キャンパス、教室などは未定)

 内容については、今回は詳しいチュートリアルは見送りにして、両サイドからの研究発表2本とディスカッション、という形に落ち着きそうです。

hikaruyhikaruy2010/07/23 09:02チュートリアル的なことで言語学な人に聞きたいことなんですが,
・言語学の下位分野について.どのようなジャンルが存在するのか
・研究のスタイルとか方法論
とかがあります.

個人的には
・現在の言語学の研究全体について感じていること
が,もしあればお聞きしてみたいなとは思います.