Hatena::Grouplinguistics

scriptus ante-scriptus

 | 

2011-10-23

山口(2010)『ん』からはじめる思ひめぐらし: (a) 参考文献

| 22:17 | はてなブックマーク - 山口(2010)『ん』からはじめる思ひめぐらし: (a) 参考文献 - scriptus ante-scriptus

さきを 書きさうに ないので。

参考文献

  • Frellesvig, B. (2010). A history of the Japanese language. Cambridge: Cambridge University Press.
  • 浜田敦 (1986). 「促音と撥音」『国語史の諸問題』 (pp. 38-89)、和泉書院。(原論文1960年
  • Haspelmath, M., Dryer, M. S., Gil, D., & Comrie, B. (eds.) (2005). The world atlas of language structures. Oxford: Oxford University Press.
  • 肥爪周二 (2000). 「日本韻学用語攷(一): 清濁」『茨城大学人文学部紀要人文学科論集』33: 17-38
  • 肥爪周二 (2002). 「ハ行をめぐる四種の「有声化」」『茨城大学人文学部紀要人文学科論集』37: 97-118
  • 肥爪周二 (2003). 「清濁分化と促音・撥音」『国語学』54 (2): 108-95
  • 肥爪周二 (2008). 「撥音史素描」『訓点語と訓点資料』120: 12-27
  • Keegan, J. M. (1997). A reference grammar of Mbay. München: LINCOM Europa.
  • 北村甫・長野泰彦 (編) (1990). 『現代チベット語分類辞典』汲古書院
  • 窪薗晴夫 (1995). 『語形成と音韻構造』くろしお書房
  • 黒田成幸 (2005). 「促音及び撥音について」『日本語からみた生成文法』(pp. )。(原論文は1967年)
  • Ladefoged, P., & Maddieson, I. (1996). The sounds of the world's languages. Oxford: Blackwell.
  • Ming, C. G. (2005). The phonology of Guangzhou Cantonese. München: LINCOM Europa.
  • 中川裕 (2006). 「アイヌ人によるアイヌ語表記への取り組み」塩原朝子・児玉茂昭(編)『表記の習慣のない言語の表記』東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所
  • 斎藤純男 (2003). 「現代日本語の音声: 分節音と音声記号」上野善道(編)『朝倉日本語講座3 音声・音韻』(pp. 1-21)、朝倉書店
  • 迫野虔徳 (1987). 「中世的撥音」『国語国文』56 (7): 41-52
  • Shibatani, M. (1990). The languages of Japan. Cambridge: Cambridge University Press.
  • 高山倫明 (1992). 「清濁小考」田島毓堂(編)『日本語論究2 古典日本語と辞書』(pp. 17-56)、和泉書院
  • 高山倫明 (2006). 「四つ仮名と前鼻音」『筑紫言語学論叢II: 日本語史と方言』(pp. 158-174)、風間書房
  • Thayer L, & Thayer J. (1971). 50 lessons in Sara-Ngambay. vol. 3. Bloomington: Indiana University.
  • Thompson, V. M., & Adloff, R. (1981). Conflict in Chad. Berkley: Institute of International Studies, University of California.
  • 上村幸雄 (1989). 「現代日本語 音韻」亀井孝ほか(編)『言語学大事典』巻2 (pp. 1692-1716)、三省堂
  • Welmers, W. E. (1973). African language structures. Berkley: University of California Press.
  • 山口佳紀 (1982). 「促音や撥音ははたして中国語の影響か」『国文学 解釈と教材の研究』27 (16): 79-83

ゲスト



トラックバック - http://linguistics.g.hatena.ne.jp/karpa/20111023
 |